Thursday, 10 October 2013

A Weird Lie - 意味不明の嘘

I have just remembered that something weird happened last Friday. Well, more precisely, Yaju-san did something weird (you might be used to it now?).

That evening Yaju-san was drinking at a pub with his workmates. Because I knew he was coming home very late, I put Z in bed, had some left-over for dinner, watched TV and went to bed. As I expected, Yaju-san came home just after midnight. I was awake in bed and heard someone else's voice in addition to my husband's. Then they put some music on and started to drink in the lounge. I was listening to the voices of the guys. Though Yaju-san occasionally brings his mates home to drink together, I couldn't tell who it was with him on that night. So I was wondering who on the earth was drinking with Yaju-san in our house. Apparently they were talking about software, so I thought he was Yaju-san's workmate. Anyway, two hours passed. I heard Yaju-san called a taxi for the guy and then he left. Very drunk, my husband came to bed at the top floor and woke me up "Anima-saaan!!" (I was awake anyway) and danced like a monkey (thank you hubby for the entertainment). I asked him who was with him. Yaju-san then said, "Some dodgy Serbian guy". ....What? "I dunno. Some Serbian Mafia or something". ........Whaaaaat???? I asked how the hell a Serbian Mafia came to our house. He said "I met him at the pub". Why did he come here with Yaju-san. "Ahhhh dunno. But we had quite an interesting conversation". What conversation. Tell me. Now. "Aaaaaaaai dooooonnn no". Is he really a Serbian Mafia? "I told you he is! OK, you don't believe me. I don't care". (Yaju-san was in bed and half asleep at this point) But a Serbian Mafia went home by taxi? Why doesn't he call his men and ask them to pick him up... Is he a lonely Mafia...? Actually in the past once we brought a strange European guy we met at a pub to our old flat and got him really drunk and unconscious (I mean, made him fall asleep). So I couldn't say it was impossible that my husband brought some stranger to our house again. But we have Little Beast now. I don't want a Mafia at home. I wanted the truth, but Yaju-san was deep asleep. I had to fall asleep with this mystery unsolved.


今急に思い出したんですが、先週の金曜日の夜におかしなことが起こりました。
正確にいうと、野獣さんがおかしなことをしてくださいました(あ、皆さんもう慣れっこ?)。

その夜、野獣さんはパブで同僚たちと飲んでくる、というので
彼が遅くなることがわかっていた私はZくんを寝かして残り物で晩御飯を食べ、
テレビを見てから普通に寝ました。
予想通り、午前0時を少し回ったくらいの時刻に野獣さんが帰ってきました。
私は目が覚めててベッドに横になってたんですが、
野獣さん以外にもう一人男の声がするのが聞こえました。
二人はリビングルームに行ってお酒を飲みながら音楽を聴き始めました。
私はじっと二人の声を聞いてた・・・野獣さんが友達を連れてくることはたまにあるんですが
その夜にうちに来てるのがどの友達なのか、声からは全然わかりませんでした。
一体全体誰なんでぇ??と思いつつ耳をそばだてていると、ソフトウェアの話なぞしている。
あ、じゃあやっぱり同僚なのね、と少し納得。

で、時間が経つこと2時間(すなわち午前2時である)。
野獣さんがタクシーに電話する声がし、その謎の男が帰っていった。

でろっでろに酔っ払った我が夫・野獣氏、ついにベッドルームに登場。
威勢よく「Animaサーーン!」と私を叩き起こし(目、覚めてましたがね)
愛らしいおサル踊りを披露してくれたり(真夜中のエンタメご苦労さん)。
で、私、聞いたんです、誰が今夜うちに来てたのか、と。
すると、だ。野獣さん、「なんか怪しいセルビア人だ」と。

・・・・は?

「よくわかんねー。セルビアのマフィアかなんかだって」




・・・・・・・・(゚Д゚)ハァァァァァ??




ナニユエにセルビアのマフィアがケンブリッジくんだりの一般家庭にいらしったんで?

「だってパブで知り合ったんだもん」

いや、だからなんであなたと一緒にウチに来たんすか。

「知ーらあーないーーーってばああぁ。でもなかなか興味深い会話したぜ(ドヤ顔)」

ほう。どんな会話だ。言ってみろ。

「あーーーーいどーーーーんのーーーーーう!!」

そもそも、本当にセルビアのマフィアなのか?

「そうだって言ったじゃーん。あそー、信じないのね。いいさオレの知ったこっちゃねぇよ」
(この時点で野獣氏・すでに半分眠っている)

でもさ、セルビアのマフィア、タクシー乗っておうちに帰ったのよね。
ほら、マフィアなら普通は手下に連絡して迎えに来させるとかしますよね。
ひとりぼっちで寂しいマフィアなのでしょうか。
実はですね、過去に一度、私たちふたり、パブで出会った見知らぬ大陸人男性を
昔私らが住んでたフラットに無理矢理連れてきて、しこたま飲ませた上に意識不明にさせた
(ええと、眠りこんだだけですよ、実際。誤解なきよう)
そういう歴史があるもんですから、野獣氏が見知らぬ人を
うちに連れてくるはずがない、とは言い切れぬわけなのです。
だが、今は家にリトル野獣がいるのであって、したがってマフィアなぞに来られては困る。
真実を聞こうにも野獣さんは既に熟睡。
謎を心に残したまま私も眠りにつかずにはいられなかったのであります。


In my mum's garden. What's in your mind Mr.Beast?
私の実家の母の庭で。何を企んでいる・・・野獣氏よ?

Next morning. My lovely husband woke up with a hangover, of course. The first thing I asked him was about the Serbian Mafia. I think you can guess what he answered. Yes. He said "What? Serbian Mafia? What are you talking about?" SO, I told him what he had told me at half passed 2 in the morning. He laughed. "I see, he is not Serbian. Is actually Swedish. And he is not Mafia. Is Andrew from work". .....I know Andrew. OK, he rarely comes to our house, so I didn't recognise his voice, and I didn't know he was Swedish. ANYWAY, WHY DID YOU LIE TO ME THAT HE WAS A SERBIAN MAFIA. WHAT IS THE BLOODY POINT. Though Yaju-san was sober this time, he still said "Aaaaaaaaai dunno!" 

Every time he is extremely drunk he says something funny. I've been with him for 11 years and still don't understand why he makes up such a story. Well, it's really fun to be with him because of this. But I just want to know. Somebody, please tell me what is in his mind!!


翌朝。愛しの背の君、お目覚めになられましたよ、二日酔いと共に。
で、目が覚めて私が最初に聞いたのはもちろん、あのセルビア人マフィアについて。
皆さん、もう野獣さんが何と答えたかおわかりですよね。
「え?セルビア人マフィア?なんのこと言ってるの?」
ですからさ、繰り返して昨晩、午前2時半のお話をご本人にしてあげたわけです。すると。
「あはは、彼はセルビア人じゃないよースウェーデン人だよ。
しかもマフィアって何さ、同僚のアンドリューだよー」
ああ、アンドリューですか、私も知ってますよアンドリュー。
あんまりうちに来ることないから声がわからなかったわ、あはは。
それに私彼がスウェーデン人だとか知らなかったし、
って、や、むしろ本当はスウェーデンとかどうでもよくってですね・・・

言ってみろ。ナニユエに奴がセルビア人マフィアだと嘘をついた?
さあそのわけを言うんだ今すぐに。 (#^ω^)ピキピキ

野獣さんは今度はシラフでしたけどね、それでも同じこと言いましたよ。
「知ーーーーらなーーーーーい!」
ってね(笑)。

酔っ払う度におかしなこと言ってくれるのはいいんですけどね。
11年一緒にいながら、いまだに分からないんですわ、
なぜ彼がこういう謎なお話をでっちあげるのか。
これがあるから野獣さんって面白いんだと思うんですけどね。
とにかく知りたいんですよ、誰か教えてくださいよ。
野獣さんの頭の中がどうなってるのか!!



* I don't mean to be offensive to any particular people / nationalities / races in this blog. 
I would be grateful if you could just take my blog as a light reading. 
※ ちなみにこのブログでは特定の人・国籍や人種に不快感を与える意図はまったくありません。
軽い読み物として私のブログをとらえていただければ幸いです。



4 comments:

  1. 猿踊りに爆笑しながら、世界地図の下敷きでセルビアを探してしまいましたw

    ReplyDelete
    Replies
    1. 本当にねえ、真夜中にウッホウッホやられた上にマフィアですよ。
      寝不足というよりもなんかこう、脳みその変なところが疲れます。

      Delete
  2. あーもう、映像で想像出来るわー(爆笑)
    君のハズバン、ホント根っからのコメディアンだよ。ウチのとコンビ組ませて、M-1にでも出す??(笑)
    でも、二人ともボケタイプだから、ツッコミ不在で、グズグズなコンビになりそうだけど(;^ω^)

    焼き芋で火傷しないようにねー(苦笑)

    ReplyDelete
    Replies
    1. ね、容易に想像できよう(笑)。
      Pさんとコンビできるできる。
      ボケがエンドレスに続いてわけわからん方向にいくという、シュールな展開が斬新かも!
      焼き芋でね、口の中の皮剥けましたよ(笑)。

      Delete


***How to post a comment***
1.Write your comment.
2.Press 'comment as' and select 'Name/URL',then type your name (and URL if you have).
3.Press 'post'. Please type the word verification as well.

***コメント投稿のしかた***
1.コメントボックス内に記入後、「comment as」をクリックして「Name/URL」を選び、名前を記入(URLもあればどうぞ)。
2.Postを押す。画像認証が現れるので、こちらもタイプしてPostしてください。