Thursday, 7 February 2013

Antenatal Classes - 両親教室

The antenatal classes run by NHS started last week. In these classes we can learn what happens in the each stage of labour, how to look after a newborn, how to breastfeed etc. The whole course consists of four classes, two hours each time, once a week. Pregnant women who are in the second or third trimester in the area will be invited to these free NHS classes if they apply for it, though there are quite a few other paid classes run by different organisations. I didn't know anything about classes, so I just applied for the NHS ones. But we recently heard from our British friends that private classes are better because there are more activities and it's easy to make friends of our age, while there might be a lot of teenage single mums in the NHS ones because it's free. We went to the NHS one for the first time last week. There were nine or ten couples and quite a few of them were foreigners, but no teenage or chav mums, so I didn't feel uncomfortable at all, good! I am a foreigner myself, so felt quite comfortable actually. I took Yaju-san with me. Of course I could go by myself, but I knew everyone was going with their partner. And yes, everyone was with their partner (and also everyone is going to have their first child). Yaju-san was so reluctant to go initially though, saying "Oh gosh, should I really go..?" (he is too scared to realise he is really becoming a dad! He-he-he) !

NHS(イギリスの国民医療サービス)が主催する両親教室が先週から始まりました。
この教室では、出産の各段階や、新生児のお世話の方法、母乳育児の方法などを学べます。
教室は全部で4回、一回2時間で週に一回(つまり4週間)です。
妊娠中期~後期の妊婦は希望すれば自分が住んでいる地域の教室に無料で参加できます。
ただ、他の団体がやっている有料の両親教室もたくさんありますけれどね。
私は両親教室についてなど全然知らなかったので、普通にNHSのに申し込んだんですが
最近イギリス人の友達数人から聞いたところによると有料の教室のほうがいいとか。
NHSのよりアクティビティが様々で、しかも同年代の友達が作りやすいとか。
いかんせんNHSのはタダだから、地元の10代のシングルマザーとかが多いよ、って。
うーん、と思いつつとりあえず先週、NHSのに行ってみたわけです。
で、行ってみれば9組か10組くらいのカップルがおり、外国人が多いけれど
10代のシンママやヤンママはひとりもいなかったので、居心地悪い思いせずに済んだ、ほっ!
私自身もこの国では外国人ですから、むしろ外国人たくさんいたほうが心地よかったよ!
もちろん一人で行くこともできましたが、野獣さんを一緒に連れていきました。
みんなパートナーと来るだろうなと思ってたら、予想通りみんなパートナー連れでした(あと、全員初産)!
野獣さんは最初は「両親教室~?いやだー行かなきゃダメ~?」って渋ってましたけどね。
(いまだに父親になるということを自覚するのが怖くてしょーがないようです・笑)


In the first two classes we learnt what would happen in the labour. How the labour would start, what we should do when we had a water break, when to call the hospital, when to go to the hospital, what kind of pain relief we could get, how to push, how the baby would come out, etc. We made small groups and discussed what were the important things to bare in mind and what would happen in the each stage. Then the midwife explained those things, based on our discussion. There is one funny thing. There is a husband who knows everything about labour and he answers all the questions the midwife asks. For example the midwife asks "Do you know what breech is?", which Yaju-san didn't know, then in less than a second the guy answers "It's a baby's bottom-down position". "How long each contraction should last when you call the hospital?" within a second he answers "About 50 seconds". He knows all the answers... I was murmuring in my mouth "Hey, you know everything, then what is the point of attending this class...?" But anyway, he shows off his knowledge but not a bad guy, so it's OK. Last night though, when we were writing down "What should happen in the second stage of labour", the guy and the others wrote "uncontrollable urge to push" "the cervix should be dilated 10cm before pushing"  etc. We wrote "When you push, push like you are going to toilet!" Lol. But unexpectedly the midwife said "Which group wrote this? It's a very good answer! Exactly, you should push like you are having a poo!" YES!! WE WON!! Ha ha ha. And she also told us we should not worry about having a poo during the labour... it happens so often... well, never mind. 

Anyway, The classes are like this. Two more classes to go and  45 days to the due date. Oh, not so far away to go is it?? OMG.


先週と今週の教室では、出産時について学びました。
陣痛がどのように始まるのか、破水したらどうすれば良いか、いつ病院に電話すべきか、
いつ病院に行くべきか、鎮痛方法がどんなものがあるか、いきみ方、赤ちゃんがどうやって出てくるか等。
小さなグループになって何が各段階で起こるとか何が重要かなどを話し合います。
そして私たちの話し合った結果をもとに、助産師がちゃんと説明してくれるのです。
おかしいのは、ひとりご主人で「僕ちゃん何でも知ってるもん」な人がいて
助産師が質問したことすべてを完璧に答えちゃう人がいるんです(笑)。
例えば助産師が「逆子ってなんだか知っていますか?」と問う、するとその男、すかさず
「赤ちゃんの頭が上なことです」と答える(野獣さんちなみに逆子という言葉知らなかったよ)。
「では、病院に電話するべき時には、一回の陣痛の長さはどれくらいになっているべきですか?」
例のご主人、間髪おかず「だいたい50秒くらいです」。
って、何でもよく知ってること知ってること、私、思わずぼそぼそ
「兄さん、アータそんなに全部知ってるなら教室来なくていいじゃんかー」と聞こえないように呟き。
ひけらかし屋さんですが、ま、悪い人じゃないですからいいんですけどね全然。
でもね、昨夜は私ら、巻き返しましたよ。
出産の第2段階ではどんなことが起こるでしょう、という質問の答えをグループごとに書いてた時、
例のご主人のグループなんかは「いきみたい衝動がやってくる」とか
「子宮口が10センチ開いていない場合はいきんではいけない」とか書いてたんだけど
私たちが書いたのは「いきむ時はウンチするみたいにいきむ」(笑)。
そしたらね、助産師が
「これ書いたのどのグループ?すごくいい答えよ!まさにウンチするようにいきむのよ!」ですって。
やった、勝った!!!(笑)
それから助産師、お産の時はウンチが出てしまうのは普通にあることだから気にしないでよろしい、
とかそういうことを説明してくれたんですが、まぁそれはいいとして。

何はともあれ、両親教室、こんな感じです・・・。
で、予定日まであと45日。
あれ、けっこうすぐじゃないですか???
ひえぇぇ。


"It's time soon!" (by the March Hare)  「もうすぐお時間でっせ~!」(by 三月ウサギ)


ブログランキング・にほんブログ村へ

6 comments:

  1. 日本でもどんな男でもまったく精細を欠いた顔で出席するのが両親教室です。ぜんぜんダメ男くんですね。 笑
    いきまずがんばってください。 いや、いきんでください。

    ReplyDelete
  2. kyotomodelforesさん
    ま、男の人は自分が産めるわけじゃないから、しょーがないですね;
    イギリス人の男性は割と張り切ってる人多いですけどね。
    えーと、はい、時がきたらいきみます(笑)。

    ReplyDelete
  3. 45日なんてすぐですね\(^-^)/

    何でも知ってる旦那さんも嫌だなぁ、なんかw

    野獣さんはビデオ撮ったりするんですか?
    やっぱりワイルドになるのかな。

    ZARAの前でコートのタグを手でひきちぎってたのを思い出しました(笑)

    今日神社で、私の検定合格祈願と合わせてanimaさんの安産もお願いしました。100円も入れたから大丈夫ですよ!

    ReplyDelete
    Replies
    1. Zundaさん
      ひゃっ。お参りありがとう♪♪嬉しいでーす。
      コートのタグ引きちぎったりしてたっけ(笑)。
      ビデオ撮るぞ、へその緒切るぞ、と張り切ってるけど、本番になったらどうなることやら、です。
      ワイルドすぎてへその緒とか手で引きちぎられても困るがね;
      なんとなく大人しくなってしまいそうな気がします・・・。
      何でも知ってる旦那さん、ちょっとヤでしょ?
      奥さんを差し置いてすかさず発言、だもの。
      そういう人が出産時に頼りになるかといったら、そうでもないような気もする・・・。
      なかなか予定通りにはいかないのが出産ってもんらしいから!
      Zundaさんの検定試験もうまくいきますよーに!!!

      Delete
  4. 絶対、そういう旦那に限って直視できなそうですよねぇww

    私、ビデオは股側から撮られたくないなぁとか変なことを考えてしまいます(T-T)

    ReplyDelete
    Replies
    1. うん、股側(正面)からは嫌ですwww
      昔、股の真正面から撮った友人の出産写真(頭が出てくるとことか)を見せられ、多少引いた記憶が・・・。

      Delete


***How to post a comment***
1.Write your comment.
2.Press 'comment as' and select 'Name/URL',then type your name (and URL if you have).
3.Press 'post'. Please type the word verification as well.

***コメント投稿のしかた***
1.コメントボックス内に記入後、「comment as」をクリックして「Name/URL」を選び、名前を記入(URLもあればどうぞ)。
2.Postを押す。画像認証が現れるので、こちらもタイプしてPostしてください。