Tuesday, 31 July 2012

London Olympics Opening Ceremony - ロンドン五輪開会式

It was Friday, so we went to the local pub as always. About half an hour before the opening ceremony started, almost everyone left the pub apart from us. I guess those people wanted to watch the ceremony at home. Then just before the ceremony, different people started to come in to the pub. I guess those people wanted to watch the ceremony at the pub...lol.

I was really impressed with the opening ceremony. Everyone was interested in what was going to happen in it especially because it was after the Beijing Olympics, the opening ceremony of which was absolutely spectacular. The London's one was very humane, funny, funky and British. In the video James Bond (Daniel Craig) escorted Her Majesty the Queen (the real one, not a lookalike!) to the venue, and when the helicopter arrived over the stadium, she jumped off the helicopter before Bond did (this part was not done by the real Queen though!)!! The Queen appeared in the stadium just after that. The pub was filled with laughter, of course. Then the ceremony carried on showing the scenes of the Industrial Revolution, NHS contribution etc. Then suddenly, Mr.Bean appeared!! Rowan Atkinson was on the piano to help playing the theme tune of "Chariots of Fire". Oh my god. Mr.Bean, my love! I used to be his huge fan when I was young. I had his diary (book) and a copy of his Teddy. He is still funny, funny, so funny. Everyone at the pub couldn't help laughing their head off. Also we could see very "British" music in the ceremony as well. From The Beatles to punk, house, hip-hop, modern rock and pop. Oh I was happy to see the Prodigy there. I'd never imagined I would see them in the Olympics opening ceremony... Some people might say "They could have shown more cultural and historical stuff, like British literature or science or art!", true, but I thought the ceremony was laid-back and very good. "This is London". I could hear the voice from the ceremony director Danny Boyle, who is also the director of "Trainspotting" and "Slumdog Millionair".

Once the athletes started to walk into the stadium, we began to liven up even more. Because in our party, there were Japanese (me), New Zealander (Yaju-san), South African and Arabian, and at the next table there were a couple of Italian girls. And of course bunch of British people.

The ceremony finished well after the midnight, everyone was quite drunk, apart from me (I didn't drink at all because I had to drive home), grrrrrr....

Now, the big event has started. I hope I can see many many stunning dramas:)

London Tower Bridge (photo was taken ages ago!) タワーブリッジ(写真は大昔に撮ったものです!)

オリンピック開幕の日は金曜日でしたので、いつものごとく私たちはパブへ。
開会式が始まる30分前、パブは私たち以外、誰もいなくなりました。
おうちで開会式見たい人たちばかりだったのね。
で、開会式が始まる直前に、一気にパブに人が入ってきました。
あ、パブで開会式見たい人たちもいるのね(笑)。

開会式には私、実に感心しましたよ。
みんな、特にあのすんごい壮大な北京オリンピックの後だったから
ロンドンはどんな開会式になるんだろう、って興味津々だったようです。
ロンドン五輪の開会式は、とっても人間味に溢れてて
笑いどころあり、ファンキーさあり、そして何より、英国らしかった!
まずビデオが流れ、その中でなんと、ジェームス・ボンド(ダニエル・クレイグ)が
女王(ソックリさんじゃなくて、本物だよ!)を会場にエスコートしているではありませんか。
そして、ヘリコプターがスタジアム上空に到着するや否や、
女王様、ボンドより先にヘリから飛び降りたじゃあーりませんか(笑)。
このシーンはさすがに、本物の女王様はやりませんでしたけどね。
で、実際に会場に女王様が登場、となったわけでありました。
もちろん、パブじゅうみんな、大笑いでしたよ。
さてさて、開会式では、産業革命のシーンだとか、NHS(国民医療サービス)の貢献など
いろんなシーンが出てきたわけなのですが、そこでまた唐突に、出ました。

ミスター・ビーンが!

ローワン・アトキンソン演じるミスター・ビーンが
『炎のランナー』のテーマ曲をピアノでお助け。
うああああ、ミスター・ビーン。懐かしい!
何を隠そう、私、若かったころミスター・ビーンの大ファンで
『ミスター・ビーンの日記』の本とか、テディとか持ってたんですよ(笑)。
 そんな彼、今でももちろん、おかしい、おかしい。
パブにいる人みんな、腹抱えて大笑いしていました。
開会式ではほかにも、イギリスのミュージック・シーンを垣間見れる場面も。
ビートルズからパンク、ハウス、ヒップホップ、ロックにポップス。
プロディジーが出てきた日にゃ、私は踊りあがりましたよ。
まさかオリンピックの開会式で彼らを目にするとは夢にも思わなんだ。

中には、「もっと歴史的なものや文化的な演出にしたらいいのに。
イギリスの文学や科学、アートなども見せるべきだ」と思う人もいるでしょう。
それは確かにそうかもしれません、でも、私はこの開会式は
とってもリラックスしたユルい感じで、とてもよかったと思うのです。
「これぞロンドンなり」。
そう言う開会式の総指揮者ダニー・ボイル氏の声が聞こえてきそうでした。
(『トレインスポッティング』や『スラムドッグ・ミリオネア』の監督ですよ)

選手入場ともなると、私たち、さらに盛り上がります。
私たちのグループは日本人(私)、ニュージーランド人(野獣さん)、
南アフリカ人にアラブ(UAE)人、そして隣の席には二人のイタリア人女性。
そして周りにはもちろん、英国人がいっぱいでした。

開会式が終わったのは午前0時をとうに過ぎたころでしたから
みんな酔っ払ってるわ酔っ払ってるわ。
私以外・・・(私、運転のためお酒一滴も飲んでません。がるるるる)。

さてさて、このようにビッグ・イベントが始まったわけです。
いくつものすばらしいドラマ を見ることができますように!


ブログランキング・にほんブログ村へ

9 comments:

  1. 開会式、すごかったね。なぜかアメリカは4時間遅れで録画放映だったけど、全部見れたからまぁ良いかぁと。

    女王と007の登場には、さすが大英帝国!!と感動よ(笑)

    イギリスって誇れるものがたくさんあるよね。

    ReplyDelete
  2. そうせきさん
    良かったよね~~。
    アメリカ、何故に録画放映に・・・?
    イギリスは世界中にかなりいろんな影響を残してきてる国だと思うし
    その中でも、いい意味での「力の抜け方」はほんと、イギリスが誇るべきものだと思います。はい。

    ReplyDelete
  3. 今回の開会式、Mrビーンが全部掻っ攫って行ったわ(笑)
    もう、思い出しては笑ってますぜ。
    ちょっと長すぎたのと、イロイロ不具合があったようで(日本選手団がスタッフの誘導ミスで退場しちゃったりとか)
    今回のオリンピック、無事に終わるのかなぁと、ちと心配。

    あ、NHSのアピールは要らんと思ったのはヲレだけ??(苦笑)

    ReplyDelete
  4. owlさん
    ほんとだよね、みんな絶対、ミスタービーンの場面ばっかり覚えてるよねw
    ブラックアダーの格好した時は、私バーで飲み物注文してる最中で、見逃したんだわ。
    そうそう、不具合あったようだねぇ。
    なんか入場のときインドの選手団に変な人混ざってたらしいし(笑・ダレダ?)。
    イギリスのことだから、まぁいろいろ不具合はこれからもあるだろうねっ。
    NHSのアピール、あれは何か絶対やってくれとどこからか言われたのかな??
    あそこはなんか浮いてたよね。

    ReplyDelete
  5. アメリカの放送が遅れたのは、見せるものをコントロールする為じゃないかな。
    実際、英国テロ7/7で亡くなった人の追悼映像は省略。
    フェルプスのインタビューを放送したとか。
    恐ろしい国だよね。とても民主主義とは思えない。(アンチアメリカの私)

    私は開会式は全く興味なかったんだけど、やっぱりミスタービーンはおもしろかった!
    私も腹かかえて笑いました。
    ベッカムのあまりに意味のない役割にびっくらこいたけど!

    ReplyDelete
  6. ちよさん
    そうなんだ!!
    なぜ、7/7の追悼映像を省略するんだろう。
    そして違うものを見せるなんて、気持ち悪いね!
    べつかむ、満面の笑みでボートに乗って、
    すんごい風切って登場してたよね(笑)。
    別の意味であれも大笑いしました!

    ReplyDelete
  7. >実際、英国テロ7/7で亡くなった人の追悼映像は省略。

    うん、最初から最後まで見たのにこんな場面は無かったよ!
    内容省略・変更したっていう説明も全然無かった。Oh no!

    ちよさん、アンチアメリカなのね。私はアンチ共和党!!

    ReplyDelete
  8. そうせきさん
    うちのやじう氏もアンチアメリカ的な面がある。。。
    私は、アメリカの中で「健全な」アメリカ的精神に反発している病んだアメリカ人は好き。
    マリリン・マンソンとか(笑)。

    ReplyDelete
  9. そうせきさん、やっぱり映像は省略されてたんだねぇ。
    テレビ局曰く「アメリカ人が興味を持つとは思えなかった」らしい。
    911の事、他の国がそんな風に言ったらどーなるんかね。
    また戦争おっ始める?ほんまに自分勝手な国!

    まあ共和党は腐り切ってるよね。
    世間知らずのボンボン達が政治出来るはずないし。
    ただ共和党の方が日本ビイキにしてくれるんだよね。(くれた?)
    いかんいかん。アメリカの文句言い出したら止まらないの。笑

    私もマリリン・マンソン好き~

    ReplyDelete


***How to post a comment***
1.Write your comment.
2.Press 'comment as' and select 'Name/URL',then type your name (and URL if you have).
3.Press 'post'. Please type the word verification as well.

***コメント投稿のしかた***
1.コメントボックス内に記入後、「comment as」をクリックして「Name/URL」を選び、名前を記入(URLもあればどうぞ)。
2.Postを押す。画像認証が現れるので、こちらもタイプしてPostしてください。