Monday, 30 April 2012

Spicy Time - スパイシーなひと時

Yaju-san came back from his business trip in India. On the last day he asked me to give him a wake-up call next morning. Because he had to catch the flight to the UK at half past 6 in the morning, he needed to get up before 3. And he told me he was going to drink till late with his colleagues, and I, in the UK, was in charge of waking up the drunken husband in India. So, I gave him a call at quarter to 3 (Indian time). His phone was switched off. I called the hotel. The guy said Yaju-san didn't answer his room phone. Oh, My, God. I thought Yaju-san was in trouble abroad AGAIN (well, he sometimes gets in to trouble, as some of you know...). He can't come back to the UK. OMG. My traumatic experience came back to my mind. 10 minutes later I called the hotel again and told the guy to bang the door of Yaju-san's room and open the door if he didn't answer at all, because he needed to catch the flight. The guy said, "Madam, I know Mr.Yaju needs to leave for the airport at half 3, but it's 2 in the morning now. Do you still want to wake him up?" .....Ah.... Oh? Two??? ......Yes, I thought it was 3 o'clock already, but actually it was 2 in the morning in India. I miscalculated the time difference. Ah. Ha ha, ha ha. But anyway Yaju-san's mobile was switched off. So I asked the kind guy to wake him up after 3 and hang up the phone, quite embarrassed. About 2 hours later Yaju-san gave me a call from the airport and asked me what tea I wanted him to buy. Ah, he is at the airport. Good. He said he had turned his mobile to "Airplane Mode" accidentally. Anyway finally I could sleep. Then, he came back next afternoon with some nice masala tea in a pretty box. Yay. It's sunny today, so am enjoying this tea in the garden after I finishing some translation work:)  
Phew, being Dr.Ink (Yaju-san's other nickname = DRINK)'s wife is not so easy!


野獣さんがインド出張から帰ってきました。
今回は5日間だけのインド滞在で、最後の日の夜に、
彼、朝方モーニングコールをしてくれ、 と私に頼んできました。
というのも帰国のフライトが朝6時半、なので3時には起きなければならない。
そして彼は同僚たちと夜遅くまで飲んでいる。
なので、インドの酔っ払い夫を起こすのは、 UKにいるこの私の役目なのです。
で、朝方3時15分前(インド時間)に彼の携帯電話に電話しました、私。
電話、電源が入っておりません、とおっしゃる。
ホテルに電話しました。
スタッフ、野獣さんが部屋の電話に出ません、とおっしゃる。
あ・ら・困・っ・た・わ。
またもや海外で問題を巻き起こしてくださっているのかしら、夫くん?
(知る人ぞ知る、ですが海外で厄介なことをしたことがござるのです、我が夫)
UKに帰ってこれない可能性?ああああ。
過去の厄介な事件が脳裏によみがえるこの瞬間・・・。
もう一度ホテルに電話をし、スタッフにとにかく部屋のドアを叩いてみてくれ、
それでも返答がないようなら、ドアを開けてくれてかまわないから、と伝える。
帰国のフライトに乗り遅れるわけにいかないんです!と息せき切って。
するとスタッフ、
「あのー、マダム。野獣さんが3時半にホテルを出発しなくてはならないことは
私どもも存じ上げてますけれども、でも今、まだ夜中の2時なんです・・・。
それでも起こしたほうがいいでしょうか???」
ああそう・・・。ん?え???にじ???
・・・そうなんです、3時だと思って電話したけど、実はまだ2時だったんです。
時差の計算を間違えてたわけなのです、あたくし。あははん。
ま、何はともあれ野獣さんのケータイは電源入ってないし、
3時すぎには起こしてやってくれ、とホテルのスタッフに伝え、
かなーり赤面しながら電話を切りましたとさ、この私。
2時間後、空港にいる野獣さんから電話が来て、
お土産のお茶は何がいいか、と聞いてきました。
ああよかった、空港にいるのね。
氏、間違ってケータイを「電波オフモード」に切り替えてしまってたそうです。
そんなわけで私も一安心。ようやく眠れるわい(笑)。となりました。
翌日の午後、可愛い箱入りのマサラ・ティーを持って野獣さんは帰ってきました。
今日はお天気もいいので、お仕事した後で庭に出て お茶飲み中です。
ふーっ。酒飲み獣な夫を持つのは楽じゃないよっ(笑)。


ブログランキング・にほんブログ村へ

No comments:

Post a Comment


***How to post a comment***
1.Write your comment.
2.Press 'comment as' and select 'Name/URL',then type your name (and URL if you have).
3.Press 'post'. Please type the word verification as well.

***コメント投稿のしかた***
1.コメントボックス内に記入後、「comment as」をクリックして「Name/URL」を選び、名前を記入(URLもあればどうぞ)。
2.Postを押す。画像認証が現れるので、こちらもタイプしてPostしてください。