Monday, 19 March 2012

Shinto Wedding - 神前結婚式

After the marriage registration at the city council, Yaju-san and I had some champagne in the hotel room and then headed off to our wedding venue in Harajuku.

Once we arrived, ladies got us dressed into the traditional Japanese wedding kimono. The groom wore Montsuki-Hakama, and the bride wore Shiromuku. I needed to hide my horns of jealous (every wife is said to have horns of jealous, although it's a myth of course!), so I wore Tsunokakushi hat, literally means horn-hider. All the guests had arrived by the time we were ready. First we had a family introduction ceremony. In a small room all the family members of the bride and the groom gathered and introduced themselves to each other. In our case, I translated everything.

After that, all the guests moved to the entrance of the shrine. Now, the actual ceremony started. Yaju-san and I slowly started to walk towards the shrine from the garden of the venue, with the priest, musicians and attendant ladies. In front of the shrine all the guests, including our family and friends from all over the world, were waiting for our arrival, then we all walked into the shrine. The priest informed the gods in ancient Japanese language that Yaju-san and I were getting married. Once it was done, we had three dishes of Sacred Sake. After that we gave wedding rings to each other. We also gave a sprig of the sacred tree to the gods and read the wedding vows together. Traditionally wedding vows are supposed to be read only by the groom, and the bride just needs to say her name at the end, but because our groom was a foreigner who doesn't speak much Japanese, we read it together. Then, Yaju-san & I and our parents drank a dish of Sacred Sake to bind two families, followed by everyone's applause.

That was the Shinto wedding. The ceremony was very very traditional and even some Japanese guests said they'd never been to such a traditional one. It was really good to show our 35 guests from overseas such a proper Japanese wedding. At our wedding vows, Yaju-san and I were a bit shaky, but I think everything went all right. One thing we regret is that we didn't have time to take photos with friends in our Japanese outfit. Only family members could do it. But anyway, I think everyone enjoyed the traditional and different ceremony, so we are happy.

Ah, I shouldn't forget to write about one more thing. When we were moving around inside and outside of the building to take photos and when walking into shrine, I was told off by the bride's attendant lady of the venue. Every time we got on a lift or entered the building, I got on the lift first, I wal
ked in to the building first (before Yaju-san did) . To see that, the attendant lady told me off quietly, saying "Excuse me madam, do not walk in front of your husband. Just today, please forget about western style 'ladies-first custom'..."! Oh no. I completely forgot that a wife should walk behind her husband! The traditional Japanese customs are quite chauvinistic, which I am not used to any more. Oops. Sorry my husband!


Walking into the shrine! 庭参進をして、神社に到着!


区役所に婚姻届を出して正式な夫婦となった後、私たちはホテルの部屋に戻り
ふたりだけでシャンペンを開けてお祝いしました。
それから東京・原宿にある結婚式場へと向かったわけです。

到着後すぐ、会場のスタッフが私たちを神前式用の衣装に着替えさせ始めます。
新郎は紋付袴。新婦は白無垢。
私はもちろん、おっかない角を隠さねばなりませんので、角隠しも!
私たちの準備が整うころには、ゲストもみんな到着。
最初に行ったのは、親族紹介です。
小さな部屋に新郎新婦の家族血縁者がみんな出揃い、自己紹介をしました。
私たちの場合、英語と日本語ですので、花嫁の私自らが通訳をしつつ。

親族紹介の終了後、家族はみんな神社へと移動し、さぁ、神前式の開始です。
私と野獣さんは斎主、雅楽奏者、巫女さんたちと共にゆっくりと神社に向けて庭参進。
神社の境内では家族や日本各地・海外から来てくれた友人皆が出迎えてくれました。
神殿内に入ると、斎主が神々に私たちの結婚を告げる祝詞をあげます。
それから三々九度、指輪交換、玉串奉奠を経て、誓詞奏上です。
通常は誓詞は新郎のみが読み上げて、新婦は最後に自分の名を言うだけなのですが
私たちの場合、新郎が日本語のうまくない外国人なので、一緒に読み上げました。
そして最後にふたつの家族を結びつけるため、私たちふたりと両親がお神酒を飲み、
ゲスト全員に拍手で祝福されて、神前式は終了です。

これが日本の神前式。
式はとても伝統に則ったもので、日本人のゲストでさえ、
「ここまできっちり伝統的な神前式には出たことがない」と言われました。
海外から来てくれた35人もの外国人ゲストに伝統的な式を見せることができたので、
式がきちんとした本格的なもので、とてもよかったと思います。
誓いの言葉の時には私も野獣さんもちょっとガタつきましたが、まぁ許容範囲。
ひとつだけ残念だったのは、和装姿で友達と一緒に写真を撮る時間がなかったこと!
和装で一緒に写せたのは家族・親族だけでした。
とにかくでも、みんな本格的で物珍しい神前式を楽しんでくれたようで、よかった!

あ、書き忘れてはいけないことがもうひとつありました。
和装で会場内を移動している最中、アテンダントの女性に私、叱られました。
エレベーターに乗る度、建物の中に入る度、私、野獣さんより先に入ったんですね。
それを見たアテンダントの女性、静かに、でもはっきりと言いましたです。
「お嫁様、お嫁様。ご主人様の前をお歩きになりませんよう。
今日だけはどうか、西洋のレディーファーストの習慣はお忘れくださいませ」
あちゃー。そういえば妻は夫の前を歩いてはならぬのだったか。
日本の伝統的な習慣というのは概して、男性至上主義的なことが多い。
私ゃそんなこと、すっかり頭からも体からも抜け去ってしまっていましたですよ。
へへへ。ごめんよ私の「ご主人様」!


ブログランキング・にほんブログ村へ

4 comments:

  1. 改めまして、ご結婚おめでとうございます~♪
    なんてステキなお写真なんでしょ。伝統的なお式、私も一度だけ参列させてもらったことがありますが、ピンと張った緊張感に八百万の神様の存在を感じずにはいられない雰囲気だったのを覚えています。日本の伝統って、上品で素敵ですよね。野獣さんの笑顔、アニマさんの美しいお姿、本当にいい式だったんだろうな~!アテンダントの女性の言葉、ご指摘の仕方がなんともいい感じですね。長々と書いてしまいそうなので、この辺で・・・またお会いした時にイロイロ隅々までお話聞かせてくださいねん^^

    ReplyDelete
  2. よぉく写真を見たら、私と息子と妹と甥が写ってますね。後頭部だけ母も。ほんとに素敵なお式でした。改めて、何度でもおめでとうございます♪

    ReplyDelete
  3. maquicitaさん、
    ありがとうございます!
    本当、西洋のオープンな感じとは正反対の、きりりとした感じですよね。
    アテンダントの女性、笑わせてくれました。
    「およめさま~およめさま~」って連呼するんだもの(笑)。
    積もる話もあることだし、今度お会いしたときにいろいろ暴露しますわよ~(笑)。

    ReplyDelete
  4. Kumikoさん、
    ありがとう!ね、みんな写ってるよね(笑)。
    改めて、何度でも、来てくれてありがとう♪♪♪

    ReplyDelete


***How to post a comment***
1.Write your comment.
2.Press 'comment as' and select 'Name/URL',then type your name (and URL if you have).
3.Press 'post'. Please type the word verification as well.

***コメント投稿のしかた***
1.コメントボックス内に記入後、「comment as」をクリックして「Name/URL」を選び、名前を記入(URLもあればどうぞ)。
2.Postを押す。画像認証が現れるので、こちらもタイプしてPostしてください。