Thursday, 2 February 2012

The Rainbow Lucky Day - 虹色の吉旦

When I was in high-school, I wrote a short story called "The Rainbow Lucky Day". The story was very much influenced by Stephen King's "The Body" (a.k.a. Stand By Me). In the story a young boy, who is treated by his family quite badly, sees a beautiful rainbow in the sky and realises sometimes there are lucky days for him. Hard times might look dark with no light, but actually light is always there. Just sometimes can't see it. Once we see the light, we can see everything in many many colours. Like a rainbow. Life is like a rainbow. Red, yellow, blue, purple... And don't care about the beginning or end. Always want to see what's there over the rainbow. But we can't. After seeing a rainbow, the image of it remains in our mind for a long long time. I haven't seen a real rainbow for ages, but even now I can see the colours when I close my eyes. Everyday is Rainbow Lucky Day so to say.

高校生のころ、『虹色の吉旦』という短い小説を書いたことがありました。
話はほとんどスティーブン・キングの『スタンド・バイ・ミー』に影響されたものでした。
家族に良い扱いをされていなかった少年がある日美しい虹を見て
時にはラッキーな日、吉旦というのがあるものさ、と気づく、という。
きつい時というのは暗黒で、光などないように見える。
でも実際は光ってのはいつでもどこでもあるものなのですよね。
それが見えない時があるというだけの話で。
一度光が見えると、すべてのものが色々な色を併せ持っていることに気づく。
虹のようなものです。
人生というのも虹のようなもの。
赤かったり黄色や青だったり、紫だったり。
どこが始まりでどこが終わりかなどということはどうでもいい。
その向こうに何があるのだろうと常に考えてしまう。
向こう側を見ることはできないのですけれどね。
そして虹を見ると、その光景は心の中にずっと残りつづけます。
私はここのところずいぶん現実の虹を見ていないけれど、
目を閉じるといつでも綺麗な虹の光景が見えてくる。
そう、いうなれば、私にとっては毎日が「虹色の吉旦」です。




ブログランキング・にほんブログ村へ


No comments:

Post a Comment


***How to post a comment***
1.Write your comment.
2.Press 'comment as' and select 'Name/URL',then type your name (and URL if you have).
3.Press 'post'. Please type the word verification as well.

***コメント投稿のしかた***
1.コメントボックス内に記入後、「comment as」をクリックして「Name/URL」を選び、名前を記入(URLもあればどうぞ)。
2.Postを押す。画像認証が現れるので、こちらもタイプしてPostしてください。