Monday, 28 November 2011

Difference - 違い

*
Last Friday I looked after my friend's 3 year-old-boy. I know him quite well and I've done his babysitting several times, and every time I see him he is lovely and I have much fun with him. It's not like just "looking after someone's kid". Anyway, while I was playing with him last Friday, I went to toilet. Then I noticed that he followed me and was in the toilet with me. I asked, "Hey, do you need a wee as well?" He answered "Yep", taking his pants off and starting to wee. Then, he moved slowly to the right side of the toilet and looked up. "Hey Anima, I have a wee from this side, so you can have a wee from that side!" and he pointed the left side of the toilet. He was suggesting that I should have a wee with him at the same time! Well, well, well... I carefully said to him, "Ah...I actually need to sit on the toilet when I have a wee. I can't do it standing like you". He looked puzzled. "Why?" ......."Because I don't have THAT". I answered, pointing his THAT. He looked down and up again and again, and said "Why?" Awwww... "Because I am a girl. Girls don't have THAT". He looked down again, and now he seemed to be convinced. "Oh, I know. Elizabeth doesn't have this either. So, you don't have this". Apparently Elizabeth is his friend from the nursery school. "Yes, that's right". So, he finished his wee, and he let me sit on the toilet. When he left the toilet without pulling his pants up, he told me very seriously, "Girls don't have this, it's a shame! Biiiiggg shame!" .... I just laughed my head off.


This is him when he was a bit younger. Lくんがもう少し小さかった頃の写真。


*
先週の金曜日、友達のうちの3歳の坊やのベビーシッティングをしました。
この子の面倒は何度も見ているし、とにかく可愛くて
「人の子の面倒を見る」というより一緒に楽しめるのがいいところ。
で、金曜、彼、Lくんと遊んでいたときに、私がトイレに立ちました。
すると、気づけばLくんもトイレの中に一緒に入っている。
「あれ、あなたもおしっこしたいの?」と聞く私。
「うん」と答えて自分でパンツを下げておしっこを始める彼。
と、おしっこをしながらすすす、と便器の右よりに移動した彼。
そして私のほうを見上げて言うではありませんか。
「ほら、Anima。僕がこっち側からおしっこするから
君はそっち側からおしっこしたらいいよ!」
あ、一緒におしっこしよう、ってことですか。
ええと、ええと。私、用心深く、言いましたよ。
「あのねぇ、私はおしっこの時に、便器に座らなくちゃいけないの。
あなたのように立ったままではできないのよ」。
すると彼、困ったように「どうして?」。
私もとっても困って、「うーんと、私は『それ』持ってないんだもの」。
と彼の『それ』を指さして言います。
Lくん、自分のそれを見下ろし私を見上げ、を繰り返しまた、「どうして?」。
「だって私は女の子なんだもの。女の子は『それ』持ってないの」。
もう一度Lくん、それを見下ろすと、ようやく納得。
「あーそうか。エリザベスもこれ持ってないよ!君も持ってないのか」。
エリザベスというのは、保育園のお友達のようです。
「そうなのよ。わかってくれたわねー」。
で、おしっこが終わると、私に便器を譲って座らせてくれました。
そしてパンツを下ろしたままでトイレを出て、彼、まじめな顔して私に告げました。
「女の子はこれを持ってないなんて、残念だね。ほんっと、残念!」
・・・・・・私、もうただただ、おなかの皮がよじれるほど大笑いでした。


  ブログランキング・にほんブログ村へ

2 comments:

  1. 可愛い!!
    そっか、彼にとってはTHATがないのはBiiiiiggg shameなのかー。
    小さい子供って素直なだけに普通の発言が面白かったり、度肝を抜かれたりして楽しいよねぇ♪
    次回のベビーシッターでも面白可愛いエピソードがまた生まれますように☆

    ReplyDelete
  2. cherryちゃん、
    かわいいよね~。
    どこがBig shameなのか突っ込みたかったが
    それはちと込み入った質問だろうなと思って聞きませんでした(笑)。
    どんどん大きくなって、ますます楽しい子になりそうです☆

    ReplyDelete


***How to post a comment***
1.Write your comment.
2.Press 'comment as' and select 'Name/URL',then type your name (and URL if you have).
3.Press 'post'. Please type the word verification as well.

***コメント投稿のしかた***
1.コメントボックス内に記入後、「comment as」をクリックして「Name/URL」を選び、名前を記入(URLもあればどうぞ)。
2.Postを押す。画像認証が現れるので、こちらもタイプしてPostしてください。